ぎっくり腰はツライんです!早い段階で処置しよう♪

腰痛に効くお風呂でのストレッチ

風呂場の簡単ストレッシ

 

お風呂でのストレッチのメリットは、体が温まり、血行も良くなるので、効果が高まりやすいことです。

 

特に、湯船に浸かって浮力を利用しますから、腰への負担も楽になります。

 

腰痛もいろいろありますが、お風呂で快感になる程度の腰痛ですと、軽い筋肉痛レベルか運動不足の解消程度を補う簡単なものになります。

 

注意することは、のぼせない程度に、胸から下の半身浴で、お湯の温度は低めで行う方が良いです。

 

筋肉が硬くなってしまう「凝り」の原因は、「筋肉を酷使」しても置きますし、「筋肉を使わなすぎ」でも起こります。

 

つまりは、適度に筋肉を動かす方が良いですし、動かしすぎた時にはケアをすれば、筋肉痛レベルの腰痛は、お風呂のストレッチでも改善出来てしまうのです。

 

日常の普通の生活であれば、誰でも、お風呂ストレッチは最高の腰痛対策となるので、少し痛くなる程度まで、腰の筋肉を曲げらり伸ばしたりして見てください。

 

運動方法は色々ありますので、簡単なものを試してください。

 

それから、風呂上りのタイミングで行うストレッチも、筋肉が柔らかく伸びやすい状態になってますのでお勧めします。

 

ストレッチをする秒数は一回5秒から30秒間程度にし、はじめは短く、次第に長くしていくのが基本です。反動をつけて行うのは禁止です。

 

ストレッチが血液を循環させるポンプの役目をする

 

腰だけに集中したストレッチでは無く、腰痛の影響で固くなったお尻の筋肉も湯船の中でストレッチして上げて下さい。

 

片足ずつヒザを曲げて手前に引き寄せる運動で十分ですが、筋肉とスジを伸ばすことで、酸素の供給が良くなり血液の流れが良くなります。

 

ストレッチで、血液の流れが良いと疲れが早く回復しますし、冷え性の改善にもなります。

 

ストレッチが筋ポンプ作用をするとは、目的の部分(この場合は尻の筋肉)を動かすことにより、筋肉が収縮しますので、血管を圧迫し、血液を上へ押し上げてくれることです。

 

このようにストレッチは、血流を改善させる効果もありますので、日常的に行うい若さを保った人が多いです。

 

特に女性であれば、女優さんやモデルさんの方で、やってない人を数える方が難しいと言われているくらいです。